阿武隈山系 里山暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 蕎麦作り Part 10

<<   作成日時 : 2016/12/19 17:33   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

蕎麦打ち三回目に挑戦

二回失敗が続いているので、そろそろ成功させないと
年越し蕎麦が食べられませんよ…

今回は水ではなく、お湯も使ってみます…
ネットで調べていたら、会津では「湯ごね、水ごね」と
呼ばれる方法があるそうで
初心者は特にお湯を使うと繋がりやすいようで
慣れて来たら徐々に水に変えて行くとのことなので…

そば粉190g
つなぎ(中力粉)50g
お湯120cc(お湯6×水4)

ビニール袋にそば粉とつなぎをいれ
袋の中でよく混ぜます…
ボールに粉を入れ、お湯を60ccくらい入れて
「水回し」の開始です…

画像


二回目に、30ccのお水を入れ
また混ぜます…

画像


ここで2分ほど何もしないで寝かせます
粉と粉が水分を吸収して切れにくくなるそうです
また、残り30ccの水を入れ、混ぜます…

画像


いつもより多めにこねました…
菊練りは出来ないので、シワを内側に巻き込む様に…
練っていて感じたことは、今までに無く
手にくっつくような感じで
しっとりした感じが伝わってきます…
もしかしたら巧くいきそうです…
「へそ出し」に成功…
初めて三角錐のかたちになりました

画像


テーブルを拭き、打ち粉を降って
三角錐を上からつぶすと…
円形になります…
手のひらで押しながら丸く延ばします…

画像


麺棒を使います
今までよりきれいに延びていくのがわかります…
「水回し」と「練り」が巧くいった証拠でしょうか?
初めて棒にまきつけながら伸ばす、ていうのが出来ました…

画像


50cm近く延びたので完了です
なかなかキレイな四角にはなりません…
打ち粉をふって畳んでいきます

画像


いよいよ「切り」にはいりますが
家庭用の包丁なので、
均等に切り揃えるのは非常に難しいです…
しかも、「こま板」も無いし
包丁の刃が丸いので、切るのが厄介なこと…
くっついてしまって、細く切れません…

画像


やっぱり太いですね…トホ
とにかく茹でてみることに…

画像


大成功とはいきませんでしたが
二回目よりも、相当進歩したと思われます…
「水回し」と「練り」が巧くいったのが大きな進歩です!

母ちゃんも今度は前よりずっと良かったと、言ってくれました…
そば粉のうどんでしたが…トホ
細いところは、とても美味しかったです!

反省点は
「蕎麦包丁」と「こま板」はあったほうがいいです…トホ
それと、麺棒が短過ぎます。もう少し長いのが必要ですね…

=========================================

ヒメは木登りに夢中…

画像


ワカはビスケットに夢中…

画像


テツはボール遊びに夢中…

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい進歩ですよ〜〜上から目線でしたね
前にうどん打ちを習っていた時、麺棒は塩ビ管でも十分ですよと講師の先生が言っていました。
因みにその後うどんは、買うのみですが
コマダム
2016/12/20 11:53
コマダム さん
その後は買うのみですか?そんなもんですよね!最初は夢中になって道具を揃えたりしますが、やがて飽きると…ですから… 因みに先日、蕎麦包丁を買ってしまいました…トホ
父ちゃん
2016/12/20 15:16
☆短くちぎれないで、つながっていますね〜蕎麦包丁なしで切れるなんて、スゴイじゃないですか♪「お道具」がそろえばバッチリじゃないですかね?
ぬえ
2016/12/23 14:09
ぬえ さま
ありがとうございます。
まだまだですが、ここまで来れば、やはり道具が欲しくなってきますね、正規の物を揃えると結構な金額になりますので、当分はそこそこのヤツでガマンです…トホ
父ちゃん
2016/12/23 16:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蕎麦作り Part 10 阿武隈山系 里山暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる