阿武隈山系 里山暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 「年越し蕎麦」のこと

<<   作成日時 : 2016/12/29 10:36   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとうネットで、蕎麦包丁を買ってしまいました…

安もんですが…トホ
「のし棒」はホームセンターで丸棒を…
ついでに、「まな板」と「のし板」にする板も購入。
当分はこれで十分だと思います…トホ

今回は、前回「水回し」と「練り」が巧くいったのをいいことに
目標の「十割り」に近づくべく
無謀にも「9割り蕎麦」(外1=10:1)に挑戦します…

何故そんなに急ぐのかって?
だって早くしないと今年もあと三日だし…
「年越し蕎麦」が「年明け蕎麦」になっちゃうでしょ…

そば粉240g
つなぎ(中力粉)24g
お湯130cc(お湯6×水4)

「水回し」をいつもの様に進めていきます…
「練り」に入る前にラップをして2分ほど寝かせました

画像


「へそ出し」をして
「のし板」の上に打ち粉を降って
手のひらで押しながら丸く延ばします…

画像


画像


丸くした生地を四角くしていくのが「つの出し」ですが…
のし棒に生地を巻き付けてニャンコの手のようにして
伸ばしていきます…
淵にヒビが出始めました…トホ

画像


なかなかキレイな四角にするのは難しいです…
打ち粉をふって畳んで、いよいよ「切り」にはいります…
初めての蕎麦包丁です
なかなか巧くいきません、難しいです…
やっぱりまだまだ太いかな…トホ
なんだかスマートじゃありません…

画像


画像


まぁ、ちょっとづつは良くなっているのかも…?
「切り」がいまいちか…トホ

今年は、蕎麦の栽培から始めて
いろんな発見があり、とても楽しかったです…
調べてみると、日本各地には、いろいろな郷土蕎麦の挽き方や、
打ち方があるのも勉強になりました…
やはり細くないと美味しくないですね…トホ
三たて(挽きたて・打ちたて・茹でたて)で食べる蕎麦は、
やっぱり美味しい!
しかも、挽きぐるみ粉を使った蕎麦は、色は黒っぽく、
野趣に富んだ味わいがあります…
同時に、自分で打って食べるそばには達成感もプラスされて、
さらに美味しさがアップしました!

今回の蕎麦打ちは、普通のそば粉と違い、
「玄そば」を殻をつけたまま家庭用フードミルで挽き
それを数回ふるいにかけ、殻を取り除いた粉を使用しました。
俗に言う粗挽きの「挽きぐるみ粉」です。
通常のそば粉よりも水分が浸透しづらく、粘りが弱いために
加水率の見極めが難しく、うまく繋がりませんでした…トホ
そのため、固まりにくく時間がかかるため
「湯ねり」にしたり、ラップをして寝かせたり…

普通のそば粉で二八でしたら、もっと簡単に打てたのかも
っと、今になっては思います…
でも、年越し蕎麦は「十割り」でなきゃ意味がありません!
どうしてかって?

そばは切れやすいことから、
旧年の労苦や災厄をきれいに切り捨てて新しい年を迎える
って説もあるんですね…
「切れやすい」つまり「十割り」つうことで
それじゃなくても、父ちゃんの打った蕎麦は切れやすいって…トホ
もっと腕を磨かねば…!

大晦日は、三たての挽きぐるみ蕎麦を「十割り」で
いただきたいと思います…

一年間、ご愛読ありがとうございました…
みなさま、どうぞ、よいお年をお迎え下さいませ…

来年も、よろしくお願い致します。

=========================================

今年最後のワン!カット…
よっ、テツ!色男!

画像


今年最後のニャン!カット…
新しい家族が増えました!

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「年越し蕎麦」のこと 阿武隈山系 里山暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる