「御祈祷」のこと

わが部落でも年に一度「御祈祷」という行事がある。

里山の奥に小さな鳥居と、ホントに小さな祠があって
ひっそりと鎮守様が祀られている…
そこに神主さんを呼んで祈祷していただくというもの…
部落の五穀豊穣、家内安全、無病息災を祈って…っというものだ。

画像


最初「ねぎ様を呼んでぇ~」っと聞いたとき
「ねぎ様って何様…?」と思った。
この辺りでは「神主」を「ねぎ様」と呼ぶようだ。

そして毎年持ち回りで担当の屋敷が交代していって
御祈祷が終わったあと、例のごとく飲み会が始まるのです…
このとき、参加する家は必ず料理を一品持って
参加することになっていて
担当の家は飲み物とお吸い物だけ用意すればいい
とはいうものの
家に20人ちかく集まるのだから大変…

今迄3回参加したが、今年が4回目。
そしてその順番が、わが家に回って来た!

こうゆうのがイヤで参加しなくなった家も数件ある…
前の年に不幸があった家も参加しない

年寄り夫婦にとっては数少ない娯楽でもあり…
仕事をしている者にとってはめんどうなものでもあり…
また、独身のやもめには準備がつらいものもあり…
昔から伝わって来た伝統行事ということもある…
なかなかムズカシイのである。

だから今回は七軒。たいてい夫婦での参加だが
なかには孫だの婆様だのが付いて来たりすると大人数となる

恥ずかしい話だが
わが家には20人分の皿やお椀はありません
座布団だって7~8枚だし…テーブルだって…
聞くところによると、この辺りの屋敷にはたいてい揃ってるらしいね…
どうしてかって?
葬式を家でやるところが多いからなんだねぇ…

「うちはどうすんべぇ~」

「集会所から借りてくっぺ~っ!」

「ほだぁ~わざわざ買うこたねぇ~」

「うぢにあっがらぁ~貸してやっつぉい?」

「ほうげぇ~ そうすっかなぁ~」

「ほだぁ~そうしんせぃ~」

仲良しのTちゃんちで借りることに…
ご親切に感謝します。

ああ~忙しい、忙しい!!


"「御祈祷」のこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント