「東屋作り」Part 8

丸太を立てる…

始めてわが家に丸太が届いた時は、皮付きの生木だったから
重くて、とてもじゃないが一人では立てられないと思ってた。

ユニックなど使わないで、立てられるのだろうか?って…

だけど、丸太も皮を剥いて数ヶ月経つと、乾燥して軽くなるんだね、
一人でも持てるくらい…

父ちゃん一人で3mの丸太を…ヨッコラショ!
穴に落して、無事立たせることが出来ました。

丁張りの糸を戻して、丸太を少しづつずらしながら
位置を決めます。

画像


垂直はどう決めるかだけど…
丸太は下が太く、上が徐々に細くなってるので、
「下げ振り」はあまり意味がないので、あくまで目安程度。
あとは、見た目です…

母ちゃんに、ちょっと押さえてもらっているあいだに
仮の支え棒を設置。
とりあえず二本立てました。

画像


セメントを流し込んで、固まったらオイル缶の型枠を付けて、
その中に、またセメントを流し込む。

立たせるまではすんなり行ったけど
セメントを捏ねるのが大変でした!
また、腰が痛くなって来た…

画像


固まるまでに雨が心配なので、ペイントを同時進行。
ウッドガード の(ウォルナット)って色を塗ったら
なかなかいい色で、周りの自然にマッチしてます。

画像


いや~一人でやるっつうのは大変だ…

がっ!…面白くてしょうがない。

画像


テツは相変わらずの知らん顔…


"「東屋作り」Part 8" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント